ラクティス査定

査定額に納得していないのに売却を迫られた場合の対処法

ラクティス,査定

 

納得していないのに売却を迫られた場合

 

査定してもらっても納得できない場合はあるものです。ラクティスの買取では、
年式やカスタマイズがそのまま査定額に反映されないこともあり、

 

 

 

自分では高く売れると思っていても、
予想以上に低い査定額しか提示されないということもあり得ます。

 

 

 

ラクティスは、使い勝手のいいコンパクトカーですが、
スポーツタイプの車が好きな人にもカスタマイズ目的で需要があります。

 

 

 

それぞれの目的が異なるので、査定に出す買取業者の顧客層に違いによって、
本来の評価を下回る査定となることもあるので、注意が必要です。

 

査定額に納得できないとき

 

査定額に納得できないにも関わらず、なかにはしつこく食い下がってきたり、
なかば強引に車を持って行ってしまうような買取業者も存在します。

 

 

 

「せっかく査定してもらったんだから、売却しないと申し訳ない」という意識があるので
断りにくい面はありますが、納得できなければいつでも断ってよいのです。

 

 

 

査定は、必ずしも売却を前提として行うものではないですから、
たとえば単に「このラクティスっていくらぐらいの価値があるんだろう」と思った時など、
査定だけしてもらうというのもありなのです。

 

ラクティス,査定

 

ですから、「査定した以上売却してもらうまで帰らない」というような態度を取られたとしても、
毅然とした態度で断らなければなりません。

 

 

 

私の知人には、自社で調べてから査定額を知らせると言われて、
ラクティスを持って行かれてそのまま返してくれなかったという経験をした人がいます。

 

 

 

かなり悪質な手法ですが、つい契約書にサインしてしまったということで
泣き寝入るしかなかったようです。このようなトラブルのないよう、
納得できるまで契約書にはサインしないようにしましょう。

 

 

 

>>>ブレーキに不調があるラクティスは査定前に修理すべきか