ラクティス査定

前回のフルモデルチェンジから5年が経過したラクティス

ラクティス,査定

 

フルモデルチェンジから5年が経過したラクティス

 

2015年は、前回ラクティスがフルモデルチェンジを行ってから5年目を迎える年です。
5年程度がフルモデルチェンジの目安となりますが、

 

 

 

ラクティスに関してはまだそのような情報は入ってきておりません。
それにラクティスは、2014年に大幅なマイナーチェンジを行ったばかりです。

 

 

 

前回のマイナーチェンジで、外観では、ヘッドランプやLEDランプが採用され、
フロントグリルには新たにメッキが施されました。内装でも新たなデザインが採用され、
センタークラスターやメーターフードも一新しました。

 

 

 

それに、UVカット機能の付いた窓ガラスが全グレードに標準装備されるようになりました。
また、レピスというグレードが廃止され、Gプライムスタイルが新設されています。

 

高く売りたいなら・・・

 

フルモデルチェンジがあると、先代モデルの買取相場は大きく下がるので、
動向を心配している方も多いことでしょう。しかし、上記のことから考えると、
ラクティスはまだしばらくは現行モデルの生産が続くことが予想されます。

 

 

 

私も知り合いの中古車屋さんにラクティスのモデルチェンジ事情を聞いてみましたが、
今のところ買取相場には大きな変化はないということでした。

 

ラクティス,査定

 

とはいえ、現行モデルの流通量が増えてきているラクティスですし、
ライバル社にも同タイプの車はたくさん存在するので、
今後の相場がどう変動するかはわかりません。

 

 

 

まだまだ高く売れると思っていた最新モデルの相場が、
突然何らかの要因で急落することもあるのです。

 

 

 

現行モデルが登場して5年が経過したラクティスですから、
今後は中古車市場に今まで以上に出回ることは確実です。
高く売りたいならば、できるだけ早めの売却を検討した方が良いでしょう。

 

 

 

>>>トップページに戻る