ラクティス査定

ネット上に流れる査定額アップのための情報の真偽

ラクティス,査定

 

査定額アップのための情報

 

ラクティスの売却を考えている方のなかには、査定前にネットでいろいろ情報を収集して、
少しでも査定額を上げようと努力している方も多いことでしょう。

 

 

 

しかし、以下に挙げることは査定とは関係がないことですので、
ネットなどの情報を鵜呑みにしないようにしてください。

 

雨の日や日が暮れて暗くなってからの査定

 

雨の日や日が暮れて暗くなってからの査定では、車体のキズやへこみが目立たなくなるので、
それらに査定士が気付かず査定が甘くなるという話がまことしやかに伝えられています。

 

 

 

しかし、実際はそんなことはありません。むしろ「キズやへこみを見逃してはいけない」
という意識が強く働き、通常より厳しい目で査定されることになります。査定士によっては、
見逃したキズがあった時のために、通常よりやや低めの査定額を提示する人もいます。

 

査定前に洗車や車内清掃をしておくと査定額がアップする

 

また、「査定前に洗車や車内清掃をしておくと査定額がアップする」
というような話もよく知られています。

 

 

 

これも実際にはそんなことはなく、そもそも業者は買い取った車を自社で
再度洗車や清掃をするので、査定前の洗車自体に査定額を上げる効果はありません。

 

 

 

ただし、査定前に車をきれいにしておくことで、
普段から大切に扱ってきたことを示すアピール手段にはなるでしょう。

 

ラクティス,査定

 

洗車も清掃もしていない車と比べると第一印象は段違いに良くなりますから、
査定士に好印象を持ってもらえる可能性は高くなります。

 

 

 

私もラクティスの査定を前に、洗車と清掃を入念に行いましたが、
このこと自体は査定士さんに褒められました。

 

 

 

ただ、査定士のミスを誘う目的で夜間を査定時間に指定するなどという姑息な手段は、
向こうにも読まれていますから、かえって逆効果になることだけは覚えておきましょう。

 

 

 

>>>買取業者によって同じラクティスでも査定額が異なる理由