ラクティス査定

車体の微細なキズやへこみは査定にどのぐらい影響するのか

ラクティス,査定

 

キズやへこみは査定にどのぐらい影響するのか

 

大切に乗ってきたラクティスでも、
気が付かないうちに車体に薄いキズやへこみができていることがあります。

 

 

 

キズのある車はマイナス査定されると思い込んで、査定前に自分でタッチアップペイント
などで自己流の修理をしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、
この行為は査定ではプラスに評価されないことがほとんどですので注意してください。

 

 

 

キズやへこみに対する考え方は、買取業者によってさまざまですが、
共通して言えることは、すべてのキズがマイナス査定の要因になるわけではないということです。

 

 

 

どんなに大切に乗っている車であっても、屋外を走れば砂や小石を巻き上げてしまうので、
どうしても薄いキズや浅いへこみはできてしまうものです。

 

キズやへこみはそのままで査定する

 

このことは買取業者も十分理解していることですから、
こうした微細なキズにまでいちいちマイナスの査定をしていくということはありません。

 

 

 

それに、「キズやへこみ1カ所につき○○円のマイナス」といったような査定は行われません。
査定額は、車の全体を総合的に判断したうえで決められる評価ですので、
キズやへこみの数を数えて減額していくということはないのです。

 

ラクティス,査定

 

私のラクティスも細かいキズがいくつもあって、査定前に直した方が良いのか迷いましたが、
上記のことを中古車業界に詳しい知人から教わり、そのまま査定に出しました。

 

 

 

査定士さんにも聞いてみたのですが、そのままで正解だということでした。
下手に素人が自己流で修繕したために、かえってキズが目立ち、
マイナス査定となってしまう
こともあるとも聞きました。

 

 

 

ラクティスにできた細かいキズやへこみが気になっている方も、
安心してそのままの状態で査定に出してください。

 

 

 

>>>一括査定サービスにメリットを感じられない場合